HOME | キャンパスライフ | 山梨市キャンパスについて(2019年4月〜)

山梨市キャンパスについて(2019年4月〜) 

八ヶ岳高原から 桃源郷へ。開学50周年記念 山梨市へキャンパス移転計画中!

 『八ヶ岳高原から桃源郷へ。』

2017年、本学は開学50周年を迎えました。これもひとえに本学の保育者養成教育に対する皆様方のご理解の賜物と深く感謝申し上げます。
これを機に、本学では20194月より新キャンパスに移転することを計画しております。新キャンパスは、中央本線山梨市駅から徒歩5分です。帝京科学大学やグループ校との連携強化により、幅広い知識と専門性を兼ね備えた人材の育成に一層努力を重ねてまいる所存です。
今後とも引き続きご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。       

帝京学園短期大学
理事長・学長 冲永 莊八

帝京学園短期大学開学50周年記念
開学50周年を機に、八ヶ岳高原から山梨市へ移転予定

2019年4月入学生が新キャンパス第1期生!

1967年の開学以来、帝京学園短期大学は北杜市・八ヶ岳高原の大自然の中で、保育者としての豊かな心を育む教育を行って参りました。創立50周年を機に、北杜市から山梨市へのキャンパス移転計画が進んでいます。
山梨市は甲府市や首都圏とのアクセスに便利な場所。それでいて自然に恵まれ、果実の栽培も盛ん。春に街一面、ピンク色の桃の花が咲き誇るさまは、まさに“桃源郷”です。
さらに魅力ある短大へと進化するべく、八ヶ岳高原で50年間培った少人数制のきめ細かな指導に加え、帝京科学大学やグループ校との連携も視野に入れ、キャンパスリニューアル計画を構想中です。2019年4月、帝京学園短期大学の山梨市キャンパスでの歴史が幕を開けます。
 

※2018年4月入学生は、従来通り小淵沢キャンパスで2年間学生生活を送ります。2019年度は1年生が山梨市キャンパス、2年生が小淵沢キャンパスで学びます。2020年4月からは、全学生が山梨市キャンパスで学びます。
(計画は変更になる場合がございます。イラスト・写真はイメージです。)
子育て支援ルーム
学内に子育て支援ルームを設け、地域と連携しながら子育て家庭を応援しようと計画中です。
ピアノを練習できる音楽室
音楽室、ピアノ練習室、造形室など、新キャンパスでは保育を学ぶための環境をさらに充実させていきます。

 山梨市キャンパスへの移転により生まれる魅力

帝京科学大学&グループ校との連携

帝京科学大学 東京西キャンパス(最寄駅は上野原駅:山梨市駅から電車で54分)や、帝京福祉専門学校(新キャンパスから徒歩8分)との連携を検討中です。
特に帝京科学大学 こども学科に編入学すれば、幼稚園教諭1種免許状、小学校教諭1種免許状の取得も可能です。

通学の利便性

山梨市駅は甲府駅から電車で14分!
さらに新キャンパスは、山梨市駅から徒歩5分という好立地にあります。
甲府近辺からの通学が便利になります。
 

地域とともに

新キャンパス周辺のアパート等と連携した家賃の補助を検討しています。 
 

豊かな自然環境

山梨市には多くのぶどう畑やもも畑、そして約14haの広さを誇る万力公園があります。緑溢れる環境で豊かな感性を育みましょう。

  PAGETOP