HOME | 保育科紹介 | 保育科の概要(学びの特色)

保育科の概要(学びの特色)

単科大学だから全員が保育者を目指す仲間。同じ目標に向かって2年間学習する

保育ひとすじに50年以上の歴史を紡いできた帝京学園短期大学。卒業後に即戦力となるための知識とスキルを修得できるカリキュラムを用意しています。
講義では社会人として必要な教養、保育者として必要な専門的知識を学びます。そして演習や実習では専門的技能を高め、実践力を養うことができます。
教員と学生の距離が近いことも帝京学園短期大学の魅力のひとつ。アットホームな雰囲気のなか、日常生活のさまざまな場面で社会人として求められる礼儀やマナーも身に付きます。

4月の入学に備える

入学が決まった高校生を対象に、入学前教育を実施しています。
プログラムは実習の説明と、初心者を対象としたピアノのレッスンの2つ。入学前に不安を解消し、スムーズに大学生活を迎えられるようサポートします。(2019年実績)

一人ひとりを丁寧に指導

1学年50名という少人数で、学生一人ひとりに合わせた丁寧な指導を行います。演習科目は半数の25名ずつでの受講が基本。その中でもゼミは教員1名に対し学生12名の少人数クラスでの授業を行っています。

習熟度に応じた学びも

基礎技能(器楽)では、個人のピアノの技能に応じたクラス編成で授業を行っています。クラスは初級・中級・上級の3つ。どのクラスもそれぞれの習熟度に応じて学びを進められるよう、授業構成を工夫しています。

ジェネリック・スキルを重視

ジェネリック・スキルとは、コミュニケーション能力や仕事力、他者との協力など社会人として必要な基礎力のこと。本学では卒業までに身につけるべきスキルとして重要視しています。

帝京学園短期大学 保育科 の学びの特色

教育課程の編成、実施の方針(カリキュラムポリシー)

(1)〈社会人として必要な教養と広い視野の養成〉

豊かな自然環境を活かし、社会人基礎力(ジェネリック・スキル)を修得できる教育課程であること

(2)〈幼児教育に関する専門的知識、技能の修得〉

少人数教育による専門科目の履修と個人の習熟度に応じた保育技術の向上を図る教育課程であること(履修カルテの活用)

(3)〈地域社会に貢献できる人材の育成〉

地域の乳幼児や保護者と交流を深め、体験から学べる教育課程であること

  PAGETOP