在学生インタビュー(2年生)

就職や進学が決まり、新生活への準備を始めている2年生。短大生活についてのインタビューの中でも、特に実習についてのこぼれ話をまとめてみました。

久保川 美穂さん(山梨県立甲府城西高等学校卒)は、実習を重ねるうちに自分の意識が変わっていったといいます。

1年次の実習では、子どもたちがどんな様子かということに注目していましたが、2年次の実習の際には子どもたちのことはもちろん、先生方がどう動いているかに意識が向くようになったそうです。
「何か手伝えることはありますか」と先生方に訊ね、積極的な行動を心掛けました。

実習を通じて、ベテランの先生方の凄さを感じたとのこと。例えばひとりで離れている子がいたときに、声をかけるべきか、見守ってあげる時期かの判断が必要ですが、現場の先生方は個別に適切な対応を行なっていて大変勉強になったとのこと。見習っていくべき点がいろいろあるようです。

久保川さん自身の幼稚園時代の思い出は、紙粘土でものづくりに励んだり、お遊戯会の練習に取り組んだり、一輪車で友達に負けないように猛練習をしたりと、とても楽しいものだったそうです。子どもたちが飽きることのないよう、先生方がいろいろ工夫してくれていたのだと今改めて感じるそうです。

幼稚園への就職が決まっているので、自分が受け持つ子どもたちにも楽しい園生活を過ごしてもらえるようにしたいと話していました。



小林優香さん(甲府市立甲府商業高等学校卒)は、実習により自分の視野が広がったそうです。
保育の道に進むつもりでしたが、施設での実習を経験したことで施設で働くことに心が動き、まずは社会福祉士の国家資格を取得できる4年制大学へと進学することにしました。

施設実習では、少人数でいろいろな職業訓練を行う場を経験。パン作りやクリーニングの衣服の袋詰めといった作業を皆で行います。
ただし、利用者は一人ひとりできることが異なり、苦手なことに直面したり、仕事に対する意欲が薄れてしまったりすることも。そんな様子を見て、相手の目線になって、できるだけ気持ちを分かってあげられる職員になりたいと思ったそうです。

「将来保育士を目指していても、施設実習で障害を持っている方への対応の仕方など、学べることがいろいろあります。実習は大変さもありますが、休んだりすることのないよう自分の体調管理を万全にして、貴重な実習期間を乗り越えることが大切です」と話していました。



幡野るみさん(山梨県立身延高等学校卒)も、「実習で学ぶことは大きい」と感じているそうです。

初めての場所を訪れることで緊張し、日誌の書き方が園によって違って戸惑うこともありましたが、子どもたちに触れ合えることがとても楽しかったそうです。

限られた実習期間でも、初日と最終日では子どもたちとの関わり方が全く違い、最後には「こっちで遊ぼうよ」と手を引いて名前を呼んでもらうようになって嬉しかったとか。実習先の先生方のアドバイスも、とても学びになったそうです。

保育の現場を経験した後は、例えば家庭での虐待に関することなど知りたいことが増えて、授業に取り組む姿勢が変わっていったそうです。

大学では、食堂などで友達と密に情報交換をして、さまざまなことを話し合ったことが楽しく有意義だったそうです。

春から保育士として働くので、さまざまな家庭環境の子どもたちに寄り添うことができる先生になれるよう頑張りたいと話していました。

在校生インタビュー(1年生)

大学生活の1年間も終盤に近づいてきました。キャンパスライフを満喫中の1年生の皆さんに、入学からこれまでを振り返ってもらいながら、インタビューを行いました。

安原 佐環さん(山梨県立白根高等学校卒)が本学に入学したのは、専門科目を少人数で学ぶことができる点や、先生との距離が近い点が自分に合っていると思ったためだそうです。

オープンキャンパスに参加した際、先輩たちが楽しそうにパネルシアターやエプロンシアターを発表している姿を見て、「自分もやってみたい」と感じたとのこと。

授業の中で楽しかったのは、エプロンシアターづくり。「くれよんのくろくん」という、たくさんの色のクレヨンが登場するお話を題材にしています。
裁縫道具を使って自分で製作したのでとても思い入れがあり、宝物になっているそうです。

安原さんが目指しているのは保育園の先生。自分が子どもの頃通っていた保育園の先生が、優しくて笑顔が素敵で憧れていたとか。
将来は、子どもたちの成長を見守り、挨拶や受け答えがしっかりできる先生になりたいそうです。


神田 咲蘭さん(山梨県立塩山高等学校卒)も、本学の少人数制の学習が気に入っているそうです。

短大らしく授業が毎日しっかり入っており、実習の際はプレッシャーもありますが、「いい仲間がいっぱいできる」ということを高校生に伝えたいそうです。

保育技術研究の授業で、「シンデレラ」のマリオネット劇を行なったことがとても良い思い出だそうです。
夜遅くまで皆で学校に残り、先生や友達と話し合いをたくさんして作り上げた日々。学園祭のときに発表し、子どもたちに見てもらう機会があり喜んでもらうことができました。

将来の夢は、明るく元気な先生。今は、実習に行かせてもらった認定こども園に興味が出てきているそうです。


神 和絹さん(山梨県立富士河口湖高等学校卒)が本学を選んだ理由は、少人数制であること、そして資格を多く取ることができるためだそうです。

実際に過ごしてみると、授業でわからないことなどを先生に聞きやすく、聞くと丁寧に教えてくれるので少人数制の良さを実感。実習に対するサポートが手厚いことも助かっているそうです。
「明るく楽しい学校で、先生や先輩のサポートを得られるので夢に近づけます」と高校生たちへメッセージ。

神さんは、子どもたちや保護者の方々に信頼される保育士を目指しています。かつて通っていた保育園の先生が大好き。その先生のようになるのが目標です。

紙芝居の授業が印象に残っているそうです。ストーリーやイラストを考えるのは難しくて、夏休みの間ずっと取り組んでいたそうです。その分、完成したときの達成感はひとしお。
実際に読んでみると、1枚1枚をめくるタイミングや読み方を工夫する難しさも感じるそうです。

仲間と切磋琢磨しながら、どんどん納得がいく表現ができていくといいですね!

 

卒業生も頑張っています

オープンキャンパスでは、学校の様子を伝えるために一部の在学生が参加者を迎えますが、毎回卒業生も何名か足を運んでくれます。

そのひとり、穂苅翼さん(写真左)は甲府市の保育園に勤務して2年目。現在未満児のクラスを担当されています。1年目は子どもたちとの信頼関係を築くのに苦労したそうですが、今年は持ち上がりの子どもも多く、とても楽しいと感じているようです。

先日、仕事中の自分と普段の自分がだいぶ違うことに気づいたとか。子どもたちを前にすると歌うときに高い声が出るのに、普段は出ないのだそうです。それだけ懸命に子どもたちに向かっているのでしょうね。顔つきや表情も、心なしか保育士らしく柔和で頼もしい感じに変わっているようです!

男性の人数も多い職場なので、女性と男性の先生の視点の違いをお互い生かしながら仕事ができるのがいいそうです。

大学時代に頑張った実習や、先生方が親身になっていろいろと教えてくれたことが今現場で役立っていると話していました。

同じく甲府市内の保育園に勤務している小俣つかささんは、「読み聞かせは絵本に書いてある言葉がすべてではなく、子どもの年齢に応じた内容で語りかけるといいと思います」と実践的なアドバイスをしていました。

大学では基礎から応用まで学ぶことができて、実践できるパフォーマンスをたくさん身につけられたので、とても良い学校だったと感じているそうです。

小俣さんと同じく今年の3月に卒業した志村夏海さん(写真左)は、グループ大学の帝京科学大に編入学されました。
教育人間科学部の3年生として引き続き保育を学んでいますが、1年生や2年生と一緒に授業を受けることもあり、動物やロボットを取り入れて園児に接する機会を得るなど、本学とはまた違った体験をしているようです。

本学の模擬保育室で、動植物の説明や遊び方などを授業でまとめた展示を見つけ、「散歩のときなどに、子どもに「これ何?」と聞かれて困ることがあるので、身近な動植物のことを知っておくことは重要です。こうして植物を使った遊び方まで分かるとさらに発展しそう。すごくいい授業ですね!」と話していました。

卒業生のお仕事拝見

石和東こども園(取材時の名称:笛吹市立石和第三保育所)に勤務している先輩方に、保育の仕事についてお話を伺いました。石和第三保育所は、ワクワクがいっぱい、子ども達の笑顔が輝く保育園です。

深澤春奈先生は、保育士として働いて10年目。現在1歳児を担当されています。
泣いている子がどうしたら安心して過ごすことができるかを考えたり、トイレトレーニングや会話が少しずつできるようになったりする様子を目の当たりにできることが一番楽しいそうです。

大学生の頃は、子どもと関わることにそれほど慣れていなかったそうですが、授業でパネルシアターやエプロンシアターを作って皆の前で発表したことが力になったとのとです。

今目標にしているのは、子どもたちが常に安心して過ごせる環境を作るとともに、お母さんたちの気持ちにも寄り添うということ。深澤先生自身、近年出産を経験し、母親として子育ての難しさを実感したのだそうです。


「保育士なので、子育てはお手の物と思われがちですが、保育士は何人もの先生と一緒に相談しながら子どもを見るのに対して、母親と自分の子は基本的に一対一の関係。感覚が違います。母親は意外と相談できる人を求めていることが多いと気付きました」。経験から得た感覚を生かし、保護者の方一人ひとりに対する関わり方をさらに試行錯誤していきたいと話していました。

勤続11年目の日原照紀先生は、2歳児を担当。子どもたちと一緒に過ごし、音楽活動などが少しずつ形になっていくのを共に喜ぶことが楽しいそうです。

苦労したことといえば、ピアノ演奏。大学でも練習したそうですが、小さな子どもたちが歌うのに合わせて弾くには場数が必要かもしれないとのこと。
「ほかに学生のうちから意識していたほうがいいのは、正しい言葉遣いときれいな字を書くこと。子どもはすぐに先生の言葉を真似します。また、連絡帳は保護者の方にとってわかりやすい字で書く必要があります」。

たまに男性の先生に苦手意識がある子もいるそうですが、その子が好きなことをして遊んだりしているうちに慣れてくるとのことです。


コミュニケーションが大切なのは、保護者の方に対しても同じ。自分が思っているよりももっと大きな声で、明るく挨拶するくらいがちょうどいいのかもしれません。雑談も必要で、例えばお箸の持ち方といったお母さん方が気にしていることをちょっとした会話の中で知ることもあるそうです。その時に必要なことを伝えるられるよう、知識も大切です。

同じ保育園の先生とご結婚され、お子さんもいらっしゃる日原先生。「保育士の給与面で心配している学生さんもいるようですが、ちゃんと生活していけるので大丈夫です。国も優遇する方向にあります。保育士は、子どもと関わり子どもの成長を実感できる楽しい仕事。やはり楽しい仕事を選ぶのがいいと思います」と笑顔で話してくれました。

卒業生の仕事ぶりを拝見

本学の卒業生である高橋結菜先生の職場、市川南幼稚園に伺い、お仕事についてインタビューさせてもらいました。

高橋先生は一昨年の4月に就職してすぐに年中クラスの担任となり、今年度はそのクラスの持ち上がりで年長クラスを担当しているそうです。

この日は17人の園児とともにスケッチブック上に「かがみ餅」の貼り絵を作っていました。

高橋先生が働いていて一番感じるのは、子どもたちの発想には無限の可能性があるということ。
塗り絵で一つの部分を塗るにしても、ただ単色で塗るのではなく、マス目に分けて複数の色で塗ったり、レインボーのように塗ったり。大人にはない新鮮な感覚に触れるのがとても楽しいのだそうです。

子どもたちが自分を遠い存在ではなく、何でも話せる近い存在に感じてほしいという高橋先生。
でも必要な場面ではしっかりと注意することもあるようで、「絵本なんかで怒った鬼が出てくると、「これ、ゆうな先生!」と指をさされます」と笑っていました。

この日は幼稚園全体でのお誕生日会もあり、保護者たちが見守る中、高橋先生はピアノ演奏を立派に行っていました。


去年の卒業生の赤池春紀先生と深澤恭子先生は、昨年4月にオープンしたふるるこども園に勤務しています。

赤池先生は3才児の担任。
赤池先生は自分はマイペースだという自覚があるけれど、この子にはこの言い方で、といった自分なりのメモを作ったりしているうちに、子どもの顔の表情や心情の変化になどに気付くようになったということです。
人間関係にも恵まれていてすごく楽しいそうです。

大学生の頃は教科書がいろいろあって量が多いと感じたそうですが、働いてみてやっとその重要性に気付くことも多く、怪我や病気の子への対応の教科書など今になって読み返すものもあるのだとか。

市川南幼稚園と合同の催しがあったときには、ほかの子どもたちの歌うときの声の出し方に感銘を受け、まだまだ教え方について学ぶことがあると感じたそうです。

未満児の担任である深澤先生は、子どもたちの日々の成長の様子を親のように見られるのがとても楽しいそうです。

仕事を始めたばかりの頃はわからないことだらけだったそうですが、周りの先生たちとの連帯感を実習のときよりも強く感じ、何でも質問させてもらいながら、一人ひとりに臨機応変に対応できるようになってきたとのこと。

一つひとつ子どもができることが増えていくのを助けて、今後も子どものために何かできる先生を目指したいと話していました。