NEAL講座で地元の方とかのがわ古道巡り

本学で取得できる資格のひとつ、自然体験活動指導者(NEAL)資格の集中講座が開かれました。対象は1年生。特別講師の鷲田晋先生に、自然体験活動の特質や意義、幼児期における自然体験活動の必要性について学んだ後、山梨市駅に集合しました。

駅南側の「かのがわ古道」をグループ毎に歩きます。古道にどんな歴史がありどのように整備されて今に至るのかを深く知るために、今年は4名の地元の方々にご同行いただきました。

明治時代の治水の跡が見られる「下神内川の三分水(しもかのがわのさんぶんすい)」からスタートです。

かつては稲を作っていたため、各所に平等に水を引く必要があったとのこと。小川の脇を進み、水害を抑えるために石の置き方を工夫した道などを見学します。

柿やかりん、りんご、梨、桃やふどうなど、この地域にはさまざま果樹の木があることに気付きました。

もうすぐお祭りがあるという八幡神社。境内には立派な土俵があり、相撲を執り行う奉納角力(ほうとうすもう/現地読み)というこの地ならではの伝統行事が今も続いているそうです。

相撲の際、投げられて土俵を転げ落ちるのも気持ちがいいものだそうで、「へぼっこい気持ちの落ち込みなら治っちもう」と地元の方が冗談混じりに話してくださいました。

地蔵や道祖神などが点在しており、道にまつわるエピソードも伺いました。

水車前で撮影。こんな水車が昔はいくつもあったそうです。
親切な地元の方に梨をいただいた学生もいました。

屋根から吊るされているものは何でしょうか。皆が考え込みます。
答えは、水の中でさつまいもを洗う道具として使われていたもの、とのことです。

住宅前の板塀に残るレトロなホーロー看板もいい雰囲気です。
板塀は景観整備のためのもので、住民たちが協力して作ったり直したりしているそうです。

近くの保育園で遊ぶ子どもたちに目を奪われながら、将来自分が先生になって子どもたちを連れて歩くときはどんなことに気を付けるかなどを想像しました。

地元の方にお礼を言ってお別れし、教室に戻って感想や意見を話し合いました。
地元住民のお話を直接伺うことで、「温かいものを感じた」「昔ながらの良さがあり安心する感じ」「地域の人たちが集まって協力し合って街並みを守っているのがすごいと思った」「普段はできない体験ができて面白かった」といった感想が上がりました。

最後にこれまでの理解度を確認するための認定試験が行われ、2日間の集中講座が終了しました。

高等教育の修学支援新制度の対象機関として再認定されました

本学は文部科学省に対して機関要件の確認申請を行い、引き続き高等教育の修学支援新制度の対象機関として再認定されました。
対象機関一覧は次のホームページよりご確認いただけます。

○文部科学省「高等教育の修学支援新制度の対象機関(確認大学等)の公表(令和4年8月31日)」
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1421393_000024734.htm

 

修学支援新制度とは「入学金・授業料の免除または減免」と「給付型奨学金」の2つのサポートが受けられる制度です。詳細は下記ホームページでご確認ください。

○文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
https://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm
○帝京学園短期大学「国の高等教育の修学支援新制度」
http://www.teikyo-gjc.ac.jp/admission/scholarship.html

8/20オープンキャンパス予約は8/18まで!

8月20日(土)・9月17日(土)のオープンキャンパスは「直前!入試対策ミーティング」です。

志望理由書はどんなふうに書けばいい?
保育科の口頭試問って何を聞かれる?
知らない先生との面接は緊張する……

皆さんの疑問・不安が解消するプログラムを用意しています!
https://teikyo-gjc.ac.jp/jyukensei.html#open

8月20日(土)回の予約は8月18日(木)15時までとなっています。
予約忘れのないようお気を付けくださいね。
https://ws.formzu.net/fgen/S56250946/

8/6オープンキャンパス予約締切&配信開始のお知らせ

8月6日(土)オープンキャンパス「テイタン」のマナビ vol.2について、定員に達しましたので予約を締め切りました。

多くの皆さまにオープンキャンパスをお楽しみいただけるよう、当日の模様(ダイジェスト)をオンデマンド配信することといたしました。
予約が間に合わなかった方、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により来場いただくことに不安を感じている方、当日参加したけれどもう一度内容を確認したい方など、ぜひ配信をご利用ください。


2022/8/10追記

オンデマンド配信の視聴は次のフォームからお申し込みください。配信URLが記載されたメールが届きます。
なお、迷惑メール対策やドメイン指定受信等を設定している方は、【@teikyo-gjc.ac.jp】の登録をお願いいたします。

○申込期間
8月10日(水)~31日(水)15:00

○視聴可能期間
8月10日(水)~31日(水)17:00

○申込フォーム
https://ws.formzu.net/dist/S48292877/

夏季休業期間の事務取扱いについて

夏季休業に伴い、次の日程を業務休止日とさせていただきます。

【業務休止日】8月11日(木)~16日(火)

業務休止日は事務業務を一切停止いたします。
資料請求やお問い合わせ、各種証明書の受付・発行など、お急ぎのご用件のある方はご注意ください。

2023年度学生募集要項を公開しました

2023年度学生募集要項が完成いたしました。

【冊子をお求めの方】
資料請求フォームからお申込みください。※すでにお申込みいただいている皆さまには、7月13日(水)より順次発送を予定しています。
そのほか、オープンキャンパスや進学相談会でもお渡ししていますので、ぜひご利用ください。

【Web上で見たい方】
次のURLからPDF版をご覧いただけます。
https://teikyo-gjc.ac.jp/pdf/bosyu2023.pdf

7月1回目のオープンキャンパスでした

オープンキャンパスは、本学の雰囲気を直接感じていただくのに最適です。
7月9日のオープンキャンパスも引き続きコロナ対策に留意し、人数制限を設けて開催しました。

本学の様子を伝えるスライドショーや三石副学長の挨拶の後、学生スタッフが保育技術研究の発表を行いました。

パネル型シアターでは、食いしん坊のおばけがさまざまに姿を変えていきました。

エプロン型シアターのひとつ目は、フルーツいっぱいのお誕生日ケーキが少しずつ出来上がっていくオリジナルのお話です。

何人もの人や動物が登場する作品は、馴染みがあり入り込みやすい物語。全員で声を合わせて掛け声をかけます。

「おおきくなあれ」と題するカラフルな大型紙芝居。扉を開けてお菓子の世界に入っていったり、体が変化したりするオリジナルのストーリーに引き込まれます。

続いて田川先生による「基礎音楽」の模擬授業です。
体を動かして体験する模擬授業もありますが、今回は学生たちがどんな風にピアノの技術を習得していくか伝えることに特化した授業。アンケートで、ピアノが苦手で不安を感じるという意見が多くあったためです。
3~4人の先生が学生一人ひとりの習熟度をよく見ながら指導していくので、コツコツ取り組んでいけば心配は無用です。

並んでいるのは、入学するまでピアノ経験が全くなかったか、経験は少しだけという学生たちです。まずは緊張しながらも自分が弾きたい曲をそれぞれ披露し、どのように弾けるようになっていったのかの体験談を心境を交えて語りました。

ピアノを上手に弾くことだけにとらわれず、学びを通じて音楽の楽しさを自らが感じましょう。子どもたちとのかかわりの中で、その場に応じた臨機応変な対応で、ピアノばかりでなくリズミカルに手をたたいたり全身でリズムを表現するなど、子どもたちとともに音を楽しむことが大切です。

最後に、学校や入試についての説明や事前予約制の個別相談が行われました。

同時に、少人数毎のキャンパスツアーも行いました。学生ホールには授業で学生たちが製作した子ども向けアイテムを展示してあり、近くで見ることができます。

身近にある廃材を利用した作品群も。ストロー製の小さな小さなタコがかわいい!

パタパタと展開できる自作のストーリーの絵本が大作!自分が飼っている猫を題材にして時間をかけて描いたそうです。

次回7月23日(土)、そして8月6日(土)のオープンキャンパスのお申込みを受験生向けサイトで受付中です。個別相談会は、上記日程のほか翌日曜(7月24日、8月7日)も行いますので、お申込みをお待ちしています!

ボスマートを導入しました

学生ホールの自動販売機が新しくなり、ボスマート(軽食販売自販機)になりました!
お菓子、パン、カップ麺などを購入することができます。

利用方法はとても簡単です。
まずは買う商品を選んで……

お金を入れて商品のボタンを押せば支払い完了です。

こちらの学生はチョコクッキーを購入しました。

小腹が空いたとき、外に出るのはちょっと面倒なときなど、ぜひご利用ください。