5/22(土)OC・個別相談会申し込み開始!

5月22日(土)に開催するオープンキャンパス・個別相談会の申込受付を開始いたしました。

【オープンキャンパス】
・5月22日(土)10:00~12:00
・受験学年限定
・先着20組まで(1名同行可)

【個別相談会】
・5月22日(土)14:00~17:00
・どなたでも参加可
・各相談ブース先着6組まで(1名同行可)

申込みの締め切りは5月20日(木)13:00です。
定員に達し次第締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

詳細はこちらのページからご確認ください。
https://teikyo-gjc.ac.jp/admission/opencampus.html

2021年度の大学案内が完成しました

2021年度の大学案内が完成しました!


まずはパンフレットです。
写真やインタビューを交えながら帝京学園短期大学を紹介しています。


次は入試資料です。
今年度実施予定の入試について、参考となる資料を用意しました。
学生募集要項は6月下旬~7月中旬に発行を予定しています。受験を検討されている方は必ずご確認ください。

オープンキャンパスのお知らせもあります。

大学案内は冊子・Web上でご覧いただけます。
【冊子をお求めの方】
資料請求フォームからお申込みください。(すでにお申込みいただいている皆さまには4月16日(金)より順次発送を開始しています。)
そのほかオープンキャンパスや進学相談会でもお渡ししていますので、ぜひご利用ください。

【Web上で見たい方】
次のURLよりご覧ください。
・パンフレット(PDF):https://teikyo-gjc.ac.jp/pdf/2022.pdf
・入試資料(PDF):https://teikyo-gjc.ac.jp/pdf/nyushisiryo-2022.pdf
・オープンキャンパス:https://teikyo-gjc.ac.jp/admission/opencampus.html

4月2日に入学式を行いました

桃の花があちこちで咲き誇り、”桃源郷”と呼ぶにふさわしい景色が見られる季節となりました。

昨年の入学式はコロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、今年は山梨市民会館で開催することができました。

入学式を山梨市で行うのは初めてのこと。スーツ姿の新入生たちが次々と来館します。

緊張ぎみに着席する新入生たち。

2年生による校旗入場で、式が始まりました。

コロナ対策として、国歌は心の中で歌います。

三石美鶴副学長が祝いの言葉を述べ、「チーム帝京学園短期大学として教職員が一丸となり、皆さんの保育者になる夢をサポートします」と新入生を激励しました。

祝電披露の後、楠莉緒さん(写真右)が登壇し、入学生誓いの言葉を述べました。

自分が通った園の先生のように優しい先生を目指していること、そして少人数制という環境を生かしたいといった抱負が語られました。

最後に全員が起立し、声に出さずに校歌を歌いました。

厳かな雰囲気の入学式が終わり、笑顔を見せる新入生たち。

前日に行ったオリエンテーションで友達ができたという人もいました。

コロナ対策として大々的な歓迎イベントは控えますが、週明けにはゼミごとの交流会が行われるそうです。

晴れやかであたたかい一日でした。皆さん、これからの学生生活をお楽しみに!

 

 

ミニオープンキャンパスを行いました

3月13日に、現高校2年生を対象としたミニオープンキャンパスを開きました。この時期にオープンキャンパスを開催するのは初めてです。コロナ対策として、人数を絞っての開催となりました。

今回はミニオープンキャンパスのため模擬授業や入試説明ではなく、学生たちが保育のあそび体験をいろいろと披露しました。

前日に卒業式を終えたばかりの2年生も、高校生たちに学校の様子を伝えようと進んで参加してくれました。コロナ対策のため全員での合唱は控えますが、少しでも皆で楽しめるよう手あそびの手順を紹介して歌います。

こちらは自作の大型紙芝居です。失敗をしながら初めての料理を成功させるくまくんの様子が色鮮やかに描かれています。

1年生2人は、自作のエプロン型シアターを披露しました。
保坂友里菜さんの作品は、ワニのオリジナルストーリーです。ワニを主人公にしたのは、口を開けたときに歯がよく見えるので、虫歯ができて歯磨きをするシーンをわかりやすく伝えられるため。歯磨きのように生活に関わる内容だと、保育の現場で役立つことがよくあるというアドバイスを先生から受け、ストーリーを決めたそうです。

ワニがりんごやおにぎりを食べた場面を表現するために、口の中にポケットを作っておき、次々にしまい込める仕掛けもありました。

山田早希さんは、「赤ずきんちゃん」のエプロン型シアターを披露しました。
これまで同級生相手に一度披露した経験しかなく、今回とても緊張したそうですが、丁寧に縫った赤ずきんちゃんや、手にはめてパペットとして動かせるオオカミのパーツなどを使って一生懸命表現しました。

工夫したのは、オオカミのお腹にチャックを付けて、赤ずきんちゃんやおばあさんを飲み込んだように見せたところだそうです。

キラキラしたウロコを持つ魚の心の成長を描いたパネル型シアターは、2年生2人が披露しました。「にじいろのさかな」という絵本を題材にしています。

また、急遽、高校生たちに伝えたいことを一言ずつ述べる場面もありました。
「少人数制なので、皆が仲良くできて雰囲気がいい」、「入学当初はピアノが全く弾けなくて楽譜も読めない状態だったが、レベル別の授業によってかなり弾けるようになった」、「人前に出て発表するのが嫌で保育の道を考え直したこともあったが、学生委員長になってイベントなどで経験を重ねたことで人前に立つことに慣れた」といった話が出ました。

キャンパスツアーでは、学生が先導していろいろな教室を巡りました。

スポーツファシリティールームで体育の選択授業のダンスを行ったことなど、自分の体験を交えてどんな風に使われているかも紹介します。

在学生トークコーナーとして、学生が高校生や保護者の方々の質問に答える時間もありました。

トークコーナーは少人数で行ったため、気楽にいろいろな質問がとび出す雰囲気だったようです。

こうしてミニオープンキャンパスは終わりましたが、今年も5月以降にオープンキャンパスを予定しています。皆さんのお越しをお待ちしています!

山梨市民会館で卒業式を挙行しました

万力公園にある山梨市民会館で3月12日に卒業式を挙行しました。本学のキャンパスが山梨市に移転してから初めてとなる卒業式です。

卒業を迎える学生たちが袴姿に身を包み、晴れの舞台に臨みました。今年は新型コロナウイルスの影響により成人式が中止になった地域が多かったため、和装で行事に参加するのはこれが初めてという学生もいます。

それぞれ好きな色柄の着物を選び、朝から着付けにヘアメイクにと忙しく身なりを整えてきた学生たち。祖母に着付けをしてもらったという人や、髪飾りにする花を自分でドライフラワーにして用意したという人もいます。

式は、在校生による校旗入場に始まりました。

卒業する学生全員の名前が読み上げられ、学生たちは起立し身を正します。

今年はコロナ対策として、登壇して卒業証書を受け取るのは代表者のみです。学業での功績やジェネリック・スキルを磨いたことを称える表彰も行われました。

石井副学長の式辞では、祝いの言葉とともに、人は皆一人で生きているのではないこと、健康で過ごせることの尊さといったことが自身の経験談を交えて語られました。

各方面から寄せられた祝電の披露があり、在校生代表が先輩たちとの思い出を偲ぶ送辞を述べました。

続いて、2年生の神和絹さんが壇上で答辞を述べました。1年次は山梨市キャンパス一期生として学生生活を送り、2年次にはコロナ禍に見舞われて通常とは異なる状況だったことを振り返り、その中で互いに協力し試行錯誤してイベントを成功させた力を今後に生かしていきたいとの思いを語りました。

コロナ対策のため、大きな声で校歌斉唱ができなかったのが少し寂しかったという感想もありましたが、旋律とともにさまざまな思いがよぎるひとときとなりました。

式終了後、互いに撮影し合ったり、参列したご家族に写真を撮ってもらう学生たち。

皆とても晴れやかな顔です。2年間、友達と仲良く楽しく過ごすことができたという声ばかりが聞かれました。
今後、全員がそれぞれの舞台で思い切り活躍されますように!!

 

 

 

【受付終了】3/13(土)ミニオープンキャンパス

3月13日(土)ミニオープンキャンパス
20組(保護者1名付き添い可)までご参加いただけます。

3/10現在の申し込み状況:△(残席少)

申込締切は3月10日(水)13:00です。
詳細はこちらのページからご確認ください。
http://www.teikyo-gjc.ac.jp/admission/opencampus.html

***3月10日追記***
申込みの受付は終了しました。
たくさんのお申し込みをありがとうございました。

いろいろな子ども向けアイテムを作りました

今年度も終わりに近づいています。今年も子どもたちと遊べるいろいろなアイテムを授業で製作しました。

齋藤美緒さんは、「おかし王国のケーキ王子」という大型紙芝居を製作しました。カラフルな色合いが楽しいオリジナルストーリーの紙芝居です。
今日はケーキ王子の誕生日。でもケーキがない!そこで、チョコやイチゴ、生クリームなどいろいろな材料を買いに行き、ケーキを作って皆で食べるというお話です。

子どもたちに「ここのお店では何を売っている?」といった問いかけができるように工夫しており、実際やってみると、「イチゴー!」などと元気良く答えてくれてとても楽しかったそうです。

バランスを考えながら絵具で色付けするのが大変だったということですが、見応えのある紙芝居に仕上がりました。


芦沢洸介さんは、「ねないこだれだ」というエプロン型シアターを製作しました。4歳くらいの子どもたちを対象としたもので、エプロンに付けたパーツを使いながらお話をすることができます。

子どもたちが夜更かしをしないように、おばけが出てくる絵本を題材にしています。
おばけは持ちやすいサイズに作り、エプロンにはマジックテープをしっかり取り付けてパーツを付けたときに剥がれにくくする工夫をしました。
おばけの表側は笑い顔ですが、逆に裏側は怖い顔にして子どもたちをビックリさせられるようにしています。

 

子どもたちにしっかり向き合って会話をするように表現することで、お話の中に引き込むことができると感じたそうです。

 


幡野まりさんが作ったもので思い出深いのは、色えんぴつネックレスとまつぼっくりのクリスマスツリーだそうです。
これは自然観察の授業で近くの万力公園に出かけて作ったもの。同級生同士で話し合いながら試行錯誤して取り組んだのがとても楽しかったそうです。

ネックレスはひとつの枝からえんぴつの形にするのが難しかったとのこと。小さなクリスマスツリー作りは、色合いを考えながら、上手くできた人の真似をしたりして仕上げたそうです。
いつか子どもたちと一緒にこんな風に自然のもので遊べたら、と話していました。

 

本学ではこのように、授業を通じていろいろなアイテムを作るチャンスがあり、先輩たちはそれらを実際に保育の現場で活用しているようです!

【入学予定者の皆様】入学前教育のご案内

2021年4月入学予定の方を対象として、次のとおり入学前に事前の教育指導を実施いたします。

1.実習・入学ガイダンス
・日時:3月19日(金)10:00~
・実施方法:オンライン(Zoomを利用して実施)
・対象:入学予定者全員
・内容:実習の流れ・事前準備、3月24日のピアノレッスン受講・4月から登校開始するにあたっての注意事項等を説明します。(アーカイブ配信あり)

2.ピアノレッスン
・日時:3月24日(水)①10:30~11:30 ②13:00~14:00
・実施方法:来学型(大学の教室で実施)
・対象:ピアノ初心者
・内容:ピアノの演奏経験がない方向けに、指の使い方などの基礎的なレッスンを行います。(各回内容は同一)

※申込方法については2月3日(水)発送の通知をご覧ください。

入試にともなう入構規制について

2021年2月13日(土)の入試実施にともない、下記のとおり入構規制を行います。
規制期間中は、受験者本人および本学関係者以外入構できませんのでご留意ください。(本学学生についても、事前に許可を得た者を除いて入構できません)

期間:2021年2月13日(土)終日

紅葉祭3日目を開催しました

例年、3日連続で行っている紅葉祭。昨年はコロナの影響で2日間のみの実施だったことから、年をまたいで持ち越されていた最終日のプログラムを19日に実施しました。

まずはゼミごとに6グループに分かれ、それぞれの教室で飾り付けに励みます。

かわいい風船がいっぱい。準備も楽しい時間ですね。

さあ、始まりました。今回も教室同士をリモートで繋ぎます。時間を分けて、交代でそれぞれの教室の出し物を見て廻ることができます。

バルーンアートを作って遊ぶことができる教室。互いに教え合ってプードル作りに挑戦したり、好きな色を複数使って花を作ったりして楽しみます。

撮影にぴったりな風船スポットも素敵です!

”インスタ映え”スポットを作ったグループは他にもあります。

ピンク系のデコレーションもかわいいですね。

後ろから回り込み、腰掛けられるようにした月が力作です!

こちらは、わなげ遊びができる教室です。

10点、50点、100点と場所ごとにポイントが決まっています。全てのポイントに入れるのはなかなか難しい?!

ケーキやドリンク券などのプレゼントを担当が準備済み。参加者は、ポイントに応じたプレゼントがもらえます。

1階では色水を入れたペットボトルを倒すボーリングが行われていました。かなり強い力でボールを投げる必要があります!

風船を投げてパチリ。広い空間を風船だらけにするのは面白いですね。

「楽しむときは、楽しまなきゃ」と2年生。「1年生のときは全員が1箇所に集まって、ゼミごとにダンスや劇などを披露し合いましたが、それぞれの教室を少人数でまわるスタイルもこれはこれでいいと思いました」「密にならないように時間的にもゆとりがあって、どの時間も楽しめる」といった意見がありました。

この教室では、プラ板づくりを行っています。

専用のプラスチック製の板に下絵を書いて準備しておき、色を塗ってもらいます。

色を塗り終えたプラスチックの板をアルミホイルの上に乗せ、オーブントースターで2分ほど焼くと・・・。

 

きゅっと縮まって1/4ほどのサイズになります。穴にチェーンをつければ、キーホルダーの完成! 思い出のアイテムになりそうです。

こちらは駄菓子商店のグループ。じゃんけんをすると専用の”お金”がもらえる仕組みです。

”百円札”に描かれた先生の似顔絵が秀逸です!

教室に入ると懐かしい駄菓子がいろいろと並んでいます。

どの紐がどのお菓子かな? 子ども心に戻って楽しみます。

県内の5つの店舗にご来校いただき、駐車場に出店していただきました。今年は一般客を呼ぶことができないのが残念でしたが、青空の下でお祭り気分を味わうことができました。

ホットサンドイッチにクレープ、ホットチョコレート・・・どれにしようかな?

丼ものも美味しいです!売れ行きが良く、急遽、新たに品物を運び入れる姿もありました。

男性陣も楽しんでいます!

「感染症対策を考え、出店をお願いできるかぎりぎまで検討していました。開催日や時間帯の変更が直前まであったのですが、どのお店も都合をつけて来て下さり、「せっかくだから楽しもうね」と言っていただいて、本当に嬉しかったです」と実行委員メンバー。

社会福祉法人八ヶ岳名水会からは、本学の卒業生がスタッフとして来てくれました。先輩に仕事のことや就職活動について質問し、「普段聞けないような話をゆっくり聞くことができて、ためになった」という学生もいました。

午後は各教室に集合し、リモートによるビンゴ大会で盛り上がります。

ビンゴになった人は、抽選会場であるパソコン室へ。何が当たるでしょう?

たこ焼器、靴下、エプロンなど景品はさまざまです。

特大のビーズソファーが当たってびっくり!

また、日本学生支援機構の「新型コロナウイルス感染症対策助成事業」により、各大学に「新型コロナウイルス感染症対策に係る寄附金」が配布されるとの発表がありました。
有志の企業や個人からの寄付により、学生一人につき4,000円が支給されるということで、代表者に目録が手渡されました。

寄附金は、学生生活を送るための食費や、教材、図書券購入費として活用できるということです。ありがたいですね!

最後に、ジェネリック・スキルのスタンプカード抽選会が行われました。
ジェネリック・スキルとは、社会生活に必要な挨拶や礼儀、積極性などの基礎能力のことです。ジェネリック・スキルを磨いた学生に先生方から随時スタンプが贈られ、スタンプが10個集まるとスタンプカードを提出BOXに入れることができます。

誰のカードが引かれるでしょう?選ばれるのは各学年4名ずつです。
もちろん、入れたカードが多い人ほど当たる確率が高くなります。

当選した8名。おめでとうございます!各人にギフトカード5,000円分が贈られました。

当選した2年生の鈴木空さん。イベントの実行委員の仕事に励むなどして8枚ほどのスタンプカードを入れていたそうで、「今年は当選できた!」と喜んでいました。
「昨年度は小淵沢キャンパスと山梨市キャンパスに分かれてスタートし、今年度はコロナの状況がありましたが、こうして学園祭を楽しむことができました。今回、1年生が自ら質問してきてくれて、一緒にイベントを作りあげられたのが良かったです。この経験を生かして来年はさらにいいイベントができるのではないでしょうか」と話していました。