プレーパークで色水あそび

本学には、全国唯一の大学敷地内プレーパーク があります。
9月9日は、地域の「「ほくと遊びの森を作る会」」による月に一度の遊びの日でもあり、多くの親子が森での遊びを楽しみました。

滑り台やブランコなどいつやっても楽しい遊具もありますが、この日のテーマは”色水あそび”。
食紅でさまざまな色をつけた色水で思い思いに遊びます。
何色と何色を合わせると抹茶の色になるかな?

中にはこの活動が始まった当初から遊びに来ている女の子も。
初めて来た頃は3歳でしたが、今は5年生。このイベントにボランティアとして参加している帝京学園短期大学の”お兄さん”や”お姉さん”を捕まえて遊ぶのが大好きだそうです。

自然の中で泥だらけ、色だらけになって心ゆくまで遊ぶのは、思い出深い体験となるようで、何度も来たがる子どもが多いのも頷けます。
大人のボランティア参加も歓迎しています。

次回の日程、テーマは「「ほくと遊びの森を作る会」」のブログでご確認ください。

shareShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someonePrint this page