8月、夏休みのオープンキャンパス

8月19日(土)に帝京学園短期大学でオープンキャンパスが行われました。
天候にも恵まれ、県内外から数多くの高校生や保護者の方々が訪れました。

保育の授業の一環で作った窓飾りがある絵本室などを見ながら、今回の会場である2号館の大教室に向かいます。

ウェルカムシアターで来校者を迎えるのは、9名の1年生です。
入学して2ヶ月目に小淵沢町内の保育園での1日体験実習を終えており、その際に子どもたちの前で発表した手遊びやペープサート(紙人形劇)を披露しました。

保育者になると、こうして人前で発表したり、子どもたちが興味を持つような関わり方が日常的に必要になります。そのため、学生たちは日頃から授業や実習、行事の中で何度も発表し、自信をつけていきます。

今回の模擬授業の一つは、手塚先生によるカウンセリングの授業。
心理学に含まれる内容で、難しいというイメージもあるかもしれませんが「人の心って面白い」ということを感じていきます。

「何に見えますか?」一度これと思い込むと他の見え方が難しくなるものですが、実は意識をすると、別のものが見えてきます。
子どもや関わる人々を、こうと決め付けずに、いろんな視点で見ようとすることは大切。こうした意識を持って人と関わることは、普段の生活の中でもすぐに役立てられそうです。

先生の言葉に沿って、絵を描いてみます。比べてみると、同じ言葉から描いた絵なのに違いが大きく、一人一人捉え方が違うことを認識しました。

次は、藤巻先生による音楽の模擬授業です。
音楽がもともと嫌いだという子は一人もいません。今回の来校者も皆、音楽好きということで、子ども心を思い出しながら授業に取り組みます。

大切なのは、子どもの年齢に合わせて音楽を楽しむこと。
音楽とともに指使いや身振りを使って遊び、子どもの年齢が上がるにつれて、少しずつ複雑な遊びが楽しめることを体験します。

最後は、簡単なリズムをグループごとに決めて手を叩き、よく知られたメロディーに合わせて合奏。すると今日集まったばかりの人同士なのにちょっとした楽団のようになりました。高校生たちは「楽しかった!」と話していました。

模擬授業の後は、保育関係の本が充実した図書館を見学しました。
高校生たちは、どんな本が置いてあるのか、興味を持って書棚を眺めていました。

お腹が空いてきたところで、ランチタイムです。
帝京学園のピンクのTシャツを着ているのが本学の大学生で、一緒に食事をすることで気軽に大学の様子を聞くことができます。気になるのは、「学校の授業は難しいか」といったことのようです。

栄養面に気遣った美味しい学食。毎日学食を利用している寮生は、美味しいのでランチタイムが楽しみという人も。

今回も卒業生が駆けつけてくれました。今年卒業したばかりの卒業生ですが、保育の現場で責任を持って働き、社会人らしく成長している様子が雰囲気から伺えます。

食事の後は、寮見学、学校の特徴についての説明会が行われました。

また、この日はオープンキャンパスの後に、第一回目となるA0入試が行われました。

次回のオープンキャンパス、そしてA0入試 は、9月9日(土)に行われます。(オープンキャンパスのみJR小淵沢駅から送迎バスあり)

今年のオープンキャンパスは次回が最後となります。まだの方はぜひご参加ください。

申込み受付中です。(申込み締切9月7日)

 

 

 

 

産前産後ケアセンター ママの里に伺いました

7月27日(木)、保育実践演習の吉田クラスを履修している2年生が、笛吹市にある産前産後ケアセンター ママの里へ見学に伺いました。

施設の説明のほか、育児を助けるグッズの紹介なども伺いました。
なかなかグッズに触れる機会の少ない学生からは、便利さに驚きながらも「赤ちゃんがいる知り合いに紹介したい」といった声もありました。

実際に足湯に入らせて頂いた学生たち。
こちらの足湯はオープンテラスにあり、温泉を利用しているそうです。

山梨県内の保育施設で働きたいという希望を持った学生たちには、実際の子育て支援現場を学ぶことができた貴重な機会でした。

県民コミュニティーカレッジ地域ベース講座2017のご案内

大学コンソーシアムやまなし 県民コミュニティーカレッジ地域ベース講座2017のご案内

大学コンソーシアムやまなし
県民コミュニティーカレッジ 地域ベース講座2017を開催します。

いっしょに考えよう!「子どもが暮らしやすいまち」

と題して、9/23(土)・9/30(土)・10/21(土)に5回に分けて5人の先生が講義を行います。

帝京学園短期大学にて 一般参加無料!詳しくはこちら。

夏季休業期間の事務取扱いについて

夏季休業に伴い、事務取り扱い時間を短縮させていただきます。

夏季休業期間  8月8日(火)~ 9月8日(金)
事務取扱い時間  9:00~16:00
業務休止日  土・日曜日、祝祭日、8月11日(金)~8月15日(火)

業務休止日は事務業務を一切停止いたします。
資料請求やお問い合わせ、各種証明書の受付・発行など、お急ぎのご用件のある方はご注意ください。

8/19(土)開催のオープンキャンパス予約受付開始!

8月19日(土)に今年度4回目のオープンキャンパスを行います。

帝京学園短期大学への入学を検討している皆さん、
暑い夏のひとときをさわやかな小淵沢の自然の中で過ごしてみませんか?

多くの学生スタッフとお待ちしています。
お友達やご家族と一緒にお気軽にお越しくださいね!

お申し込みはこちらから→お申し込みフォーム
今までのオープンキャンパスの様子はこちらをどうぞ→オープンキャンパスレポート

卒業生に聞く!帝京学園短期大学の魅力


オープンキャンパスに来ていたこの二人、実は、本学の卒業生同士で結婚した保育士カップル! 保育士を目指すいとこのために懐かしの母校を紹介しに二人で来校したのだそうです。

飯塚大地(だいち)さんは(写真左)甲州市の市役所勤務の保育士で、飯塚熙華(ひろか)さん(写真右)は山梨市でやはり保育士として立派に活躍しています。

大地さんは、「行事が多いことが、特にこの学校で良かったことでしょうか。男子学生は多くはありませんがその分、交流して仲良くなります」とのこと。

7年前にしらぎく寮の寮生でもあった熙華さんは、「少人数生で先生との距離がとても近く、休みの日にも先生がいるのを見つけて相談に乗ってもらったこともありました。寮にはピアノ室がたくさんあるので、練習がたくさんできて、いい環境だったと思います。大学の本のコーナーも活用しました」と大学の魅力について話していました。


オープンキャンパスの日は、ランチタイムなどに在校生が学校の紹介のお手伝いをするのですが、何人かの卒業生も母校の紹介のために駆けつけてくれます。
その中の一人、浅川留美さん(写真下)は今年の卒業生で、現在山梨県の昭和町にあるげんき夢保育園で保育士として働いています。小児科のクリニックとの連携でいろいろな仕事があるそうですが、月ごとに反省点、目標などを先輩たちと話し合い、頑張っているそうです。


「この大学はジェネリック・スキルを大事にしていて、勉強だけでなく皆が学園祭などの活動にも打ち込みます。仕事を自分で見つけて動くことが身についていたようで、この前保育園の夏祭りで「準備から当日までの間一番動けていた」と褒められました」。

また、高校生に伝えたいこととして、「この学校は学生の人数が少ないからこそ、やる気になればどんどん活躍できます。学生のうちにしかできないことがいろいろあると思うのでどんどん動いてください!」と話していました。

週末2日連続のオープンキャンパス

7月22日、23日に小淵沢キャンパスでオープンキャンパスが開かれ、多くの高校生や保護者の方々が来校しました。

今回も数名の大学生が、手遊びや授業で製作したパネルシアターを披露し、保育科の大学らしくお出迎えします。


模擬授業の一つ、井上先生による保育内容演習(健康)では、幼稚園教育とはどんなものか、その一端に触れます。幼児期に身につけたい生活習慣や食事マナーについて皆で考え、意見を出し合う場面もありました。


今回は、帝京学園短期大学の特徴のひとつである豊かな自然環境を生かした自然観察の模擬授業もありました。五味先生の説明の後、全員で屋外へと移動し、道中にある自然物の色や形に改めて注目します。

 

嗅いだことのない植物の香りを嗅いだり、びっくりするようなものを探したり、子ども目線を意識して歩きます。

グループごとに植物などを探して持ち帰り、並べてみるとまるで図鑑のよう。

食堂でのランチタイムは在校生、そして卒業生も同席するため、気軽に質問をすることができます。勉強は難しいか、ピアノは練習した方がいいかなど、具体的な質問が挙がりました。

希望者はしらぎく寮の見学もできます。寮生同士が学年、出身県を超えてとても仲良しで、互いの部屋を頻繁に行き来するといい、宿題のわからないところを聞くこともあるそうです。協調性を身につけるのにも役立つようです。
見学した高校生は過ごしやすそう、入りたいなどと話していました。

 

 

大学の特徴についての説明では、自然に恵まれた環境での少人数制教育という他にない魅力がありながら、学費が平均よりもかなり抑えられていること、就職率が毎年ほぼ100%であることなどが紹介されました。


次回のオープンキャンパスは8月19日(土)に予定されており、その午後にはいよいよ第一次AO入試が行われます。(募集要項はこちら

定員がありますので、入寮希望者を含め、入学希望者は早い段階での受験をおすすめします。

 

7月8日(土)は森の中で子どもが思いきり遊べるプレーパークの日

7月のプレーパークが、8日(土)に開かれます。
10:00~14:00で、そうめん流し(そうめん代1人100)を行う予定だそうです。
予約不要、親子で参加できます。ボランティア参加もOK。
森の中での自由な遊びの時間を楽しんでください。

→詳しくはほくと遊びの森ブログ

前回の様子

7/22(土)23(日)開催のオープンキャンパス予約受付開始!

7/22(土)・23(日)に小淵沢キャンパスでオープンキャンパスを行います。

今回のオープンキャンパスの模擬授業では、人気の高い”自然観察”の授業を予定しています。

自然の中で楽しく学べて、→「自然体験活動指導者」の資格取得につながる授業です。

自然の中で動ける服装で来てくださいね!保護者やご友人との参加も大歓迎。
本学の魅力を肌で感じ、八ヶ岳の豊かな自然環境を満喫してください。

 

オープンキャンパスのお申し込みフォーム

 😀 前回のオープンキャンパスの様子はこちら。

プレーパークにまた来たい!-参加者の感想


プレーパークで遊ぼうと、甲府から小学1年生の男の子と参加したお母さんは、「初めて参加したのは子どもが3歳位のとき。それ以来、子どもがこの小淵沢の森を覚えていて、来たがるんです」と嬉しそうに話していました。

「自然の中で遊べるイベントの中でも、先生がリードして一つのことをやる教室というより、なんとなくどろ遊びを始めたり、ぶらんこに乗ってみたりと自発的に遊べるのがすごい。どろ遊び、水遊びまで自由にできるし、こんないい環境はなかなかないと思います。
お母さんの話を聞かなくなる年頃ですが、他の大人の話は聞くんですよね。友達もできたと言っていました」。

また、今回市内から赤ちゃんと保育園児とともに初参加したお母さんは、「とてもいいところ。いろんな方にかわいがられて、参加してよかったです。集まる人の守る力、人の良さを感じました。」と話していました。

次回のプレーパークの情報はこちら。⇒「ほくと遊びの森を作る会」


全国唯一の大学内プレーパークで子どもと冒険遊び

帝京学園短期大学の森には、全国唯一の大学敷地内プレーパークがあります。
プレーパークは、地域の子どもたちが自由な発想で自由に楽しめる”冒険遊び場”。
地域のボランティアグループ「ほくと遊びの森を作る会」が、月に1度ほどの割合でここでの遊びの日を設けています。

6月10日(土)の遊びのテーマは”楽器を作って思いきり鳴らそう!”でした。
県内外から20組近い親子が集まり、帝京学園短期大学の学生たちもボランティアのサポート役として参加しました。

地域の人が用意してくれた材料や道具で 竹笛作り。
草笛の吹き方を伝授してもらったり、オリジナルのナチュラルオブジェ作りに没頭したり。

プレーパークにはすべり台やぶらんこなど、森を生かした遊具がいろいろあります。子どもはもちろん、大人だってやりたくなります!気持ちいい!


学生にとっては子どもたちと触れ合えるいい機会。
全力で遊んでへとへとになりながらも、「すごく楽しかった!次もぜひ参加したいです!」と話していました。

 

オープンキャンパス-しらぎく寮拝見!

 

校舎のそばの通学にとても便利な場所に、女子寮(しらぎく寮)があります。オープンキャンパスの日、希望者を募って寮見学が行われました。

しらぎく寮にはピアノ室が16室あり、好きな時に練習ができます。
そして、全室がユニットバスとミニキッチン付きの個室であるのもしらぎく寮の魅力です。

寮生の一人が自分の部屋を見せてくれました。好きなタレントのポスターを貼り、好みのカーテンを付けて、自分のための空間づくりを思い切り楽しんでいるようです。

部屋を公開してくれたのは1年生で、入学してから1週間もしないうちに寮生同士が仲良くなり、既にお互いの部屋で頻繁にお泊まり会をしているとのこと。
一人暮らしは不安という人も、個室でプライバシーがありながら、友達とすぐに集まることができるしらぎく寮ならば安心です。

 

しらぎく寮は、奨学金的な意味合いを込めて、なんと寮費が無料になりました。
必要なのは電気代実費と、食費(3食付き1ヶ月で3万5千円)のみです。
しっかりと行事などに参加し、保育の資格取得に努める学生にとって朗報です。→入寮の条件など

部屋数には限りがあり、8月からスタートするAO入試後から順に入寮者が決定していく予定ですので、入寮を考えている方は早めのお申し込みがおすすめです。

次回7月のオープンキャンパスの際にも見学を予定しております。

オープンキャンパスの日程はこちら。

オープンキャンパス-模擬授業とは?

 

 

帝京学園短期大学のオープンキャンパスで面白いと人気なのが、保育に関する模擬授業です。
AO入試では、オープンキャンパスの時に受けた模擬授業の感想を提出してもらうのも選考方法の一つとなっています。

今回はまず、赤間先生が幼児の「ことば」についての講義を行いました。
赤ちゃんは最初は意味を持たない発声をしますが、次第に子音と母音による発音をするようになり、意味のある言葉を急激に理解する段階が来る……入学後、このように子どもに関することを体系的に学んでいくことで、保育者への道を進んでいくことになります。

もう1つの模擬授業は美術室で行いました。三井先生による造形の授業です。「皆さんは5歳児になった気持ちで」。
在校生のサポートの中、思い思いの色を使ってうちわに絵柄をつける遊びをしてもらいました。

今回、オープンキャンパスの進行の手伝いを行なった在校生の浅川朔葉さん(1年生)は、「去年までは自分が参加する方だったけれど、今年は迎える側。模擬授業でどうすれば高校生たちに伝わるものになるか考えるなど、裏に努力があったんだということを知りました。参加した高校生たちといろいろと話して学校の魅力を伝えられたと思います。」と話していました。

新緑のオープンキャンパス!

 

5月27日土曜日に、本年度初のオープンキャンパスを行いました。
新緑に彩られた小淵沢キャンパスに、本学への入学を検討している高校生や保護者の方々が来校しました。

 

保育の単科大学らしいのは、在校生たちが手遊びやパネルシアターを披露して出迎えるところ。
パネルシアターとは、布製のパネルを使いながら子どもたちにお話を聞かせるパフォーマンスです。保育技術研究の授業の一環として在校生が取り組むもので、この日は3人の在校生が笑顔で練習の成果を見せてくれました。

 

高原の豊かな自然に恵まれたキャンパスや校舎の様子を直に見られるのも、オープンキャンパスのいいところです。

 

保育を学ぶ大学なので、絵本室があり、たくさんの絵本が揃っています。巨大絵本や立体絵本に興味津々な高校生も。

 

場の雰囲気作りの練習のために、壁や窓の至るところに子どもたちが喜びそうなキャラクターが貼られています。卒業生たちの就職後の写真も並んでいます。

 

ランチタイムは、在校生に直接何でも質問できる絶好の機会。
この日は、すでに保育士として働いている卒業生2名も参加し、帝京学園短期大学の魅力について話してくれました。こうして卒業後も短大のイベントに積極的に加わる卒業生がいることは、先生と学生が親密な関係を築けるアットホームな学校であるという特徴を表しているのではないでしょうか。

 

カリキュラムや学費等の説明もしっかりと行います。
本学は自然に恵まれた環境にあり、行事がたくさんあること、また、先生1名に対し学生約10名という他ではなかなかない少人数制できめ細かな指導ができること、保育者として活躍するための資格と学位が取得可能なことなどを紹介しました。

5/27(土)開催のオープンキャンパス予約受付スタート

帝京学園短期大学では、2017年5月27日(土)に今年度最初のオープンキャンパスを行います。

帝京学園短期大学への入学を検討している皆さん、
大学の雰囲気やどんなことを学ぶのかといったことを知るには実際に大学を訪れるのが一番です。
校舎を囲む新緑が爽やかなこの季節、先輩たちの保育科の単科大らしい歓迎が待っていますよ!

JR小淵沢駅からの無料バスが運行していますので、ご利用ください。参加費は無料です。

お申込みはこちら。http://www.teikyo-gjc.ac.jp/admission/open.html

4/27よりオープンキャンパス予約受付開始

帝京学園短期大学のオープンキャンパスの日程が近づいてきました。
今年のオープンキャンパスの初回は5月27日(土)です。
1か月前(4月27日)よりWEBサイトにて申込み受付を開始します。

http://www.teikyo-gjc.ac.jp/admission/open.html

オープンキャンパスは学内の雰囲気を肌で感じられるまたとない機会です。
オープンキャンパスに参加して、入学したいという気持ちが固まったという先輩たちも多数います。高校生の皆さま、ぜひご参加ください。

オープンキャンパス2017

カフェ kokousオープニングパーティー感想編

「カフェ kokous、いかがですか?」

「きれい!リラックスできる。学校じゃないみたい」「寮生なので学校にこういうところがあるのが嬉しいです」「すっごく楽しいです。いろんな人がいっぱいで、知り合えそう」(by新入生)

「カフェをつくっているのをぜんぜん知らなくて、気づいたらできていました。卒業式の時に発表されてサプライズ!これからも利用したいです」「かわいい。おうちみたい。木の感じが落ち着きます」「過ごしやすいです。お昼を食べるときに外の部分に椅子を出して過ごすのも気持ちよさそう」(by2年生)

「すごくいい!自分たちが在学していたときにあればよかったのに!」(by3年前に卒業した卒業生)

カフェ kokousオープニングパーティーカフェ kokousオープニングパーティーカフェ kokousオープニングパーティーカフェ kokousオープニングパーティーカフェ kokousオープニングパーティー

「大きな大学だったらコンビニとかカフェがあるだろうけど、ここにはないから何かあったらいいのに、という雑談から始まったカフェづくり。やっとここまできたという感じです!! いろんな形で活用していってほしいです。話したことがない学生同士が仲良くなったり、先生とさらに話せるようになったり、オープンキャンパスに引率に来たご両親が空いた時間を過ごせる場所になってもいいと思います。先生たちの助けが大きかったです。学生もサークルをつくるなどしてここをリードする体制にしていったらいいと思います」
「この場をつくるのがとても楽しかった。やっと終わったような、もう終わってしまったというような。きれいに使ってほしいです」
「自分も少しですがカフェづくりに関わりました。つくるのは楽しいし、出来上がったのを見て余計に嬉しいです。思いつきを実現させるためにいろいろと動いてくれた先生たちが本当にすごい。”先生たちが親のよう”というのは、嘘じゃない!!いつも面倒を見てもらいました。これからもカフェに遊びに来たいです」(byカフェの発案から完成まで尽力した今春の卒業生)

 

カフェ kokousオープニングパーティー終了!

帝京学園短期大学2号館1階にできたカフェkokousで、4月11日にオープニングパーティーが開かれ、多くの学生や卒業生、先生方が楽しみました。

カフェkokouskokousは、学生同士や先生などが気軽に集える場所があったらという思いから、卒業生や先生が自分たちでつくった非営利目的のカフェスペース。20人ほどがお茶を飲んでくつろげる広さです。

kokous(ココウス)とはフィンランド語で出会いや集いといった意味だそうです。自然豊かな本学に似合う木の温かみがある内装。北欧テイストで、持ち寄った鹿の角や、デザイン性の高い積み木、”隠れムーミン”を配するといった遊び心もあります。ガラス張りの部屋なので、外から見たときにきれいに見えるよう、手前側に低いテーブルを置き、後方に高いカウンター席を設置してあります。
天井や壁を塗り変え、木材にカンナをかけて壁に配し、テーブルや椅子を置いて施工を完成させるのに、有志が毎日のように集まって1か月以上。kokous の一角には、試行錯誤をしながら内装が変わっていく様子の写真が飾ってあります。

カフェ kokousカフェ kokousカフェ kokousカフェ kokousカフェ kokousカフェ kokous