8/19(土)開催のオープンキャンパス予約受付開始!

8月19日(土)に今年度4回目のオープンキャンパスを行います。

帝京学園短期大学への入学を検討している皆さん、
暑い夏のひとときをさわやかな小淵沢の自然の中で過ごしてみませんか?

多くの学生スタッフとお待ちしています。
お友達やご家族と一緒にお気軽にお越しくださいね!

お申し込みはこちらから→お申し込みフォーム
今までのオープンキャンパスの様子はこちらをどうぞ→オープンキャンパスレポート

卒業生に聞く!帝京学園短期大学の魅力


オープンキャンパスに来ていたこの二人、実は、本学の卒業生同士で結婚した保育士カップル! 保育士を目指すいとこのために懐かしの母校を紹介しに二人で来校したのだそうです。

飯塚大地(だいち)さんは(写真左)甲州市の市役所勤務の保育士で、飯塚熙華(ひろか)さん(写真右)は山梨市でやはり保育士として立派に活躍しています。

大地さんは、「行事が多いことが、特にこの学校で良かったことでしょうか。男子学生は多くはありませんがその分、交流して仲良くなります」とのこと。

7年前にしらぎく寮の寮生でもあった熙華さんは、「少人数生で先生との距離がとても近く、休みの日にも先生がいるのを見つけて相談に乗ってもらったこともありました。寮にはピアノ室がたくさんあるので、練習がたくさんできて、いい環境だったと思います。大学の本のコーナーも活用しました」と大学の魅力について話していました。


オープンキャンパスの日は、ランチタイムなどに在校生が学校の紹介のお手伝いをするのですが、何人かの卒業生も母校の紹介のために駆けつけてくれます。
その中の一人、浅川留美さん(写真下)は今年の卒業生で、現在山梨県の昭和町にあるげんき夢保育園で保育士として働いています。小児科のクリニックとの連携でいろいろな仕事があるそうですが、月ごとに反省点、目標などを先輩たちと話し合い、頑張っているそうです。


「この大学はジェネリック・スキルを大事にしていて、勉強だけでなく皆が学園祭などの活動にも打ち込みます。仕事を自分で見つけて動くことが身についていたようで、この前保育園の夏祭りで「準備から当日までの間一番動けていた」と褒められました」。

また、高校生に伝えたいこととして、「この学校は学生の人数が少ないからこそ、やる気になればどんどん活躍できます。学生のうちにしかできないことがいろいろあると思うのでどんどん動いてください!」と話していました。

週末2日連続のオープンキャンパス

7月22日、23日に小淵沢キャンパスでオープンキャンパスが開かれ、多くの高校生や保護者の方々が来校しました。

今回も数名の大学生が、手遊びや授業で製作したパネルシアターを披露し、保育科の大学らしくお出迎えします。


模擬授業の一つ、井上先生による保育内容演習(健康)では、幼稚園教育とはどんなものか、その一端に触れます。幼児期に身につけたい生活習慣や食事マナーについて皆で考え、意見を出し合う場面もありました。


今回は、帝京学園短期大学の特徴のひとつである豊かな自然環境を生かした自然観察の模擬授業もありました。五味先生の説明の後、全員で屋外へと移動し、道中にある自然物の色や形に改めて注目します。

 

嗅いだことのない植物の香りを嗅いだり、びっくりするようなものを探したり、子ども目線を意識して歩きます。

グループごとに植物などを探して持ち帰り、並べてみるとまるで図鑑のよう。

食堂でのランチタイムは在校生、そして卒業生も同席するため、気軽に質問をすることができます。勉強は難しいか、ピアノは練習した方がいいかなど、具体的な質問が挙がりました。

希望者はしらぎく寮の見学もできます。寮生同士が学年、出身県を超えてとても仲良しで、互いの部屋を頻繁に行き来するといい、宿題のわからないところを聞くこともあるそうです。協調性を身につけるのにも役立つようです。
見学した高校生は過ごしやすそう、入りたいなどと話していました。

 

 

大学の特徴についての説明では、自然に恵まれた環境での少人数制教育という他にない魅力がありながら、学費が平均よりもかなり抑えられていること、就職率が毎年ほぼ100%であることなどが紹介されました。


次回のオープンキャンパスは8月19日(土)に予定されており、その午後にはいよいよ第一次AO入試が行われます。(募集要項はこちら

定員がありますので、入寮希望者を含め、入学希望者は早い段階での受験をおすすめします。